<   2012年 11月 ( 8 )   > この月の画像一覧

迷いに迷ったけど、こちらで~

はなさんのブログを見て、ミステリーキルトに気持ちがぐぐ~っともっていかれ、
「でもな~、他にも手を付けたいのがあるんだけどな~」と揺れ動き、
それでも、手持ち布を全部出して、色別に整理整頓をしました。
とりあえず、ミステリーキルトの布選びをやってみようと。

すす~っと入り込めそうなのは、マンスリー。
ミステリーキルトは、ミシンにロータリーカッターに、定規は使わないなど
これまであまりチャレンジしたことないものが、てんこ盛り・・・
そんなわけで、やるなら、マンスリーかな~と思ってました。

「でもなあ~(また、でもかっ!)ミステリーキルトは楽しいし」
「やったことないことをやるってのも悪くないし」
「本と同じにやらんだって、おもしろいものが出来上がるんだし」
「はなさんの、めっちゃいいかんじやったやん」(これ、かなり影響・大)

ブツブツ独り言を言いながら、布を眺めていたら、
「あれっ!こんな感じならいけるんじゃないかな~ミステリー」
とイメージが出来上がってきました。

なので、ミステリーキルトをやることにしました!!!!やるぞっ!!!

布の配色は、緑系を多めで、それからオレンジ系、そして、本と同じで白系にしました。
e0235502_8115987.jpg

郷家先生のような布にも挑戦したいと思いましたが、
やっぱり、自分の手持ちの布で、前回のミステリーより軽めな感じになればな~と。

本当は、ここで、番号順にラベルを貼った写真も撮ったのですが、
パソコンに取り入れるときに消去してしまって・・・苦笑

とここまでで、作業を終えて、明日にしよう~と思ったのですが、
う~ん、やっぱり、一気にやってしまおう!ということで、ミシンを出してきました。
(ちなみに、わたしのミシンは、普通の家庭用ミシン。どこまでついていけるかはミステリー)

慣れないロータリーカッターを使って、先のほうまで、布を切っちゃったり、
ミシン作業では、縫い代のたおす方向が逆だったり、
中表にしたつもりが、中と外にあわせてたり、(頭、働いてるん?あなた状態)
何度もほどいて、縫ってほどいて、縫って・・・布に穴あいてるやんってことになったり。
定規は使わないし、縫い線もかかないし、ミシンだし、
そりゃ~もう、言うこときかない針目・・・苦戦。
ゆがんでるし・・・寸法まちまちだし・・・・(う~ん、これでいいのか・・・・)

でも、いいんです!って書いてあるから、このまま進めます。
これで、もし、「ほっほ~っ♪」の作品に仕上がったら、
また新しい方法を体験したことになるんだから、ラッキーです。

で、仕上がったのが、これです。
e0235502_8201275.jpg

緑系の分は、ちょっと濃い部分をとっちゃったもんだから、
黒っぽくなってますよね~気になるわっ。

次号からも、どうなることやらです。
いろんな意味で楽しみです。なんとか最後までついていきたいです~♪
[PR]
by tomomarimoquilt | 2012-11-29 08:33 | パッチワーク通信 | Comments(4)

連休のお出かけ

この三連休は、群馬県館林市の義実家へ行ってきました。
冬場の車移動のリスクを考えると、この連休が1番いいかもということで。

初めての新東名高速は、道の広さや綺麗さにびっくりしたり、
「東京」っていう料金所があるんだ~とか
首都高が、地下にもぐってることとか、おもしろいな~とおもったり。
高速道路って、両脇には、山の斜面が迫っているとか、
高いところを走ってるのが高速道路のイメージなもんで・・・
(中国道と、舞鶴道ぐらいしか走らないからかな~苦笑)

24日は、日光東照宮、その帰りに、宇都宮餃子を食べ、
25日、舞鶴に帰る途中で、草津温泉に行ってきました。(義家族とは現地解散)

全部書くと、超大作になってしまうので、私が1番見たかったものを載せときます。笑
e0235502_8144555.jpg

日光東照宮の猿の欄間です。

学生時代、「欄間」にとても興味を持っていて、
その中でも、実物を見てみたい~と思っていたものの1つです。
関西にいたので、関東の東照宮まで、行く費用も時間がなかった・・・苦笑
やっと、やっと実物をみることが出来て、とてもうれしかったです。
ただ、ものすご~く人が多かったです。びっくりしました。

テレビでみたものを、私も撮影。笑
e0235502_8172334.jpg

標高でいうと、スカイツリーの高さあたりに東照宮はあるとのこと。
ここでも、人物が写りこまないように撮るのは、至難の業か?というほど、人が多いです。
一瞬をねらっての撮影。

元気そうな義父さんと義弟に会えたこと、
また一緒にでかけられたことが、本当によかったです。

80歳の義父さん、引越し後、縁もゆかりもない関東での生活になじめるのか?
とても心配でした。
ですが、豊中にいたときより、ずっと気持ちが元気なようで、
多少、年齢とともにおきる不調があっても、身体は動くようです。
それもこれも、窓から見える「富士山パワー」でしょうか・・・笑

画像でわかるかどうか・・・右側の下の山の稜線上に、うっすら白い三角、見えるかな~
実物で見ると、本当に、よく見えますし、おもったより、大きく見えるんです~♪
「ありがとう~富士山」笑

e0235502_8223885.jpg

[PR]
by tomomarimoquilt | 2012-11-27 08:42 | ひとりごと | Comments(0)

ちっちゃいポーチ(カメラ用)

いろいろ用事が終わって、ほっとしていて、
思い出したものが1つ・・・

「買うのはいいけど、私の手を煩わすようなことは一切ご勘弁を!」
との約束で、主人が購入した、頭に付けるカメラ
ヘアバンドみたいなのに取り付けて、両手が空いた状態で、動画を撮るというものです。

アナログな私にはよく分かりませんが、
自転車の人とか、車の人は、乗り物に固定して、自分が走ってる目線で動画を撮ってるようです。
主人は、山歩きのときに、歩いている目線で・・・という話だそうで・・・

で、私が作ったものは、何かといいますと、
「その入れ物をつくって・・・」という主人の入れ物シリーズ第2弾?です。苦笑
ちなみに前回は、ボイスレコーダーでした。

e0235502_733038.jpg

ちっちゃいポーチと中に入れるものです。


ポーチの中は、区切ってほしいというので、区切りました。
e0235502_73428.jpg


中に物を納めるとこのようになります。
e0235502_7342956.jpg


パンパンです。苦笑
e0235502_7345678.jpg



鍋しきみたいな角を落とした、四角いものを作って、
両端を巻きかがりして、長財布のような形にして、
両端を1・5センチぐらい内側に折って、下の部分だけ、まつります。
仕切りを作って、仕切りの下をまつって、折った本体と仕切りの両端をまつります。
で、ボタンを付けて、終わりです。

もう少し大きめに作ってもよかったのですが、
ポーチの中で、カメラが動かないようにしたかったのと、
ファスナーにすると、重くなるし(山歩きで使うので、ちょっとでも軽量化)
手先が寒いとファスナーより、ボタンの方が、やりやすいなど、
ちょっと不恰好な感じもありますが、こうなりました。

ちなみに、わんこちゃんは、我が家に何匹もいる、うめ吉というぬいぐるみをモチーフにしました。
うめ吉の顔(目と鼻)のバランスが難しかったです。
うちにいるうめ吉たちは、だいたいちょっと困った風な顔をしています。

まあ、一応ご本人さんは、このポーチを使ってくれるようです。
とりあえず、ほっとしました。
[PR]
by tomomarimoquilt | 2012-11-21 07:51 | オリジナル | Comments(2)

ハウスのアウトポケットのバック・完成

バック、完成しました。

e0235502_749255.jpg

e0235502_7494595.jpg

片面接着芯の使用した方法、内袋のバックの仕立て、
持ち手の作り方、一個一個ゆっくり考えながら作りました。

へ~っこういうことかあ・・・の連続で楽しかったです。
いつもは、ふつうのキルト芯で、裏布ごとキルティングして、
仕立てた後、その裏布の端っこで、切れ端を包み込んで始末したり、
持ち手も、中表で縫っておいて、ひっくり返す方法です。
このひっくり返す作業が、なかなかの作業で・・・。

もっと、柔らかい感じで仕上がるのかとおもっていたら、
案外、かっちり仕上がりました。

バック本体の布、バイヤスにとってますが、
大作のバイヤステープをとった残り布でした。
ぱっと見た感じでは、普通にとれるわ~とおもってて、
実際作業に入ったら、え~っ、とれへんやん~
とマンスリーキルトのボーダーの二の舞。
もう少し、目分量でもピンっとわかるようにならないと・・・・
(って、ちゃんと用尺するようにしなさいっ!て話ですが・苦笑)
細かいところもありますが、へっ?そこはそんなざっくりなわけ?なところもあります。
血液型を出すのもなんですが、AB型っぽい困ったところです。笑

話が脱線しましたが、バイヤスにとるにしても、もうちょっと柄をずらしたかったです。
といっても、その余裕はなかったわけですが・・・

あと底と本体をミシンでやったので、ちょっと歪んでます。
それに、内袋、ちゃんと寸法合わせて、小さくしてぴったりさせればよかった。
などなど反省点はたくさんみられます。

満足いくようやり直そうかとおもったけども、
失敗をあえて見てもらえる見本にしておけば、
「あ~あの見本で失敗してたところだ、私は失敗しないように・・・」と
生徒さんに思ってもらえるかも~
と都合のいい妄想をして、言い訳して、そのままにしておくことにします。笑

バック全体で濃い茶で、渋めですが、ハウスで使っている布は、
楽しい布を多く使っていて、カントリー風になっているところが、
とっても気に入っています。
[PR]
by tomomarimoquilt | 2012-11-19 07:56 | 本科 | Comments(2)

京都に大阪

先週の金曜日、高松在住の友人が京都市内にやってきてるということで、
舞鶴から特急に乗って、京都で合流しました。

彼女もパッチワークをしているので、布を見にいきました。
「ZUI」さんにいってきました~♪

大丸神戸店のアンジェラスさんや、イベント、ネットなどで購入しているのですが、
お店にお邪魔したことはなく、いってみたかったのです~

お店には、たくさんの布、素材、キット、もう見まくって、
2時間も店にいました・・・すみませんお店の方。苦笑

ゲットしたのは、今後作品に使うための、
赤系緑系の先染め、プリントです。
以前、宝塚の教室で、同じ分野の作品をやってた生徒さんに
「うちの布だけでは足りないと思うので、集めてください」といわれていたような・・・
と思って、勝手に集めはじめました。
(違ったら・・・どうしよう・・・笑)

e0235502_9113594.jpg



そして、昨日、天気を気にしながら、急いで行って帰ったのが、大阪。
車で、豊中まででてきて、そこから電車で移動。
大阪市内までは、ちょっとムリかな~とおもって。
まずは、チューコーさん。
ここんとこ、買うならチューコーさんで~と
針・定規・カリスマの芯など、もう、私の定番道具。
定価より、ちょっとでも安く~と。(えっ?交通費のほうが高いやん・・・汗)

e0235502_912312.jpg


チューコーさんで、気になる方が・・・
声かけようか、でもまさか、こんなピンポイントで会うかなあ?・・・などなど
顔をチラッと覗き込んでみたものの(って失礼なことしてすみません)
どうしよう~とおもって、迷っている間に店を出られました・・・
間違ってもいいから、声をかければよかったです


そんなことを思いながら、近鉄阿倍野へ移動して、
「~手が畑~心の手仕事キルト展」に行ってきました。

人が多かった~っ。でもめげずに、負けずにぐぐ~っと見てきました。
「はっ」っと目が行く作品、印象に残る作品は、
やっぱり、指導員養成講座で習ったように、まずは配色やデザインなんだな~とあらためて感じ、
ミシンってあのレースみたいなこともできるわけ???と
なんだか、昔から来た人みたいな気分になってみたり・・・
どうも、キルト展に行くと、頭が忙しくてしょうがないです。
そして、目がしょぼしょぼします・・・まぶたが筋肉痛になりそう。

素敵な作品ばかりでした。やっぱり、キルト展っていいですよね~
なるべくいろんな作品を見にいけるように、頑張りたいです。


夕方には天気が荒れるとのことで、
強風に落雷、大雨の高速道路って、結構怖いんですよね~特に一人旅のとき。
なので、急いで帰りました。苦笑

まだまだ都会での行動力が追い付かないです~
もうちょっとパワーがついて、、ゆっくり舞鶴にもどれるようにして、
ぜひとも、素敵なキルターさんたちとお会いしたいと思いました。
[PR]
by tomomarimoquilt | 2012-11-14 09:17 | ひとりごと | Comments(0)

由良ヶ岳のもみじ

もうそろそろ、由良ヶ岳のもみじが、真っ赤になっているのでは・・・と
楽しみに、えっちらおっちら、登ってきました。

由良ヶ岳は、KTR(北近畿タンゴ鉄道)の由良駅から(日本海側)登るのが、
一般的なんですが、急登続きだということで、
前回に引き続き、舞鶴市の上漆原・鎌倉地区から登ってきました。

丸太橋、真奥の滝、尾根歩きなど、急登あり、なだらかありです。
東峰の山頂は、360度の展望で、
舞鶴からの登山道は、お気に入りです。

東峰からの景色。
e0235502_9493314.jpg

向かって、右端の方は、舞鶴市の神崎の海。左側が宮津市の由良の海。
真ん中の鉄橋はKTR。そして、由良川です。
海と空の雲がつながったようになっていて、
それが、海の水が空にあがってるような感じがしました。
そして、こっちに、向かってくっるうぅ~(ザキヤマ風)

こちらは東峰から、南西方向だったと思います
e0235502_951274.jpg

ぽつぽつ紅葉がみられます。
海から、どんどん雨雲がやってきては、雨がふってきたり、晴れたり。
分単位?いや秒単位?ぐらいで目まぐるしく変化してました。

1番のお楽しみポイントは、東峰と、西峰の間にある、もみじひろばの
大きなもみじです。
e0235502_95359100.jpg

去年は、葉が、すべて落ちてしまっていました・・・
今年こそとおもったのですが、黄色です。

でも、やっぱり、ここが1番好きなところです。しつこいですが、アップ画像。笑
e0235502_955132.jpg


西峰にも行こうかと思いましたが、雨がキツクなってきたのと、
下山を林道歩きで、もどるのも長い~と迷い、
また、もみじひろばから、東峰にもどり、
もと来た道をもどりました。

また、来シーズンも、新緑と紅葉の季節に見に行こうと思います。
[PR]
by tomomarimoquilt | 2012-11-11 10:09 | 風景 | Comments(0)

ハウスのアウトポケットのバック

ハウスのパターン4枚、完成しました。
赤い屋根と、青い屋根、そして、そのベースとなっているハートの布が
特に気に入っているところです。
壁の部分をもう少し、濃い色にしておけばよかったかな~と思ってます。

e0235502_821516.jpg


次に、ポケット部分の作製に入っていきます。
パターンとラティスを縫い合わせるのですが、
テキストの通りだと、ハウス・ラティス・ハウス・ラティスの順番で、
脇がキッチリ端っこにこないことになります。
バックの底が楕円だし、そんなに気にならないといえば、気にならないのかもしれませんが、
私は、どうしても、端にはしっこがきてほしい・・・ということで、

ラティス・ハウス・ラティスで終わるように、変えました。
e0235502_824512.jpg



いつもなら、キルト芯はさんで、裏布あわせて、しつけして、キルティング
という作業になるのですが、どうやら、テキストでは違う順番になっています。

何回読んでも頭に入らない・・・(どうした?私の頭・・・苦笑)
そんなわけで、1工程ずつ確認しながら、やっていくことにします。
[PR]
by tomomarimoquilt | 2012-11-08 08:31 | 本科 | Comments(0)

ハウスのアウトポットのバック

70×45センチのキルティングがすみ、
それをバックに仕立てるのも完成したので、次、どうしようかな~と考えました。

うちに、とってもかわいい布がやってきたので、
その布たちの中から、数枚選んで、
本科の「ハウスのアウトポケットのバック」を作ることにしました。

e0235502_8131422.jpg


私の好きな、赤い屋根のハウスと、青い屋根のハウスになります。
(ピースワーク、すごい楽しみです~♪)


本科の本の説明を読んでたら、???がいくつか出てきました。
これまでに、やったことない仕立て方だし、
接着芯だと、キルティングしないでいいの???とか
本体をワッカにしたとき、切れ目が、きっちりサイドにくるわけじゃない???とか・・・

とにかく、少しずつ縫い進めていかないことには、想像がつかない
(う~~~~ん、頭が固いのか?働いていないのか?苦笑)
ぼちぼち進めていって、解決したら、ちゃんとメモしとかないといけません。
まずは、やってみないと!ですよね。

少しずつアップします。
[PR]
by tomomarimoquilt | 2012-11-02 08:23 | 本科 | Comments(1)