人気ブログランキング |
<< いくつになっても苦手は苦手。 ファンのポーチ >>

自宅教室にて 「製図と定規」

今日は、自宅教室でした。

楽しく作品を作っていくことをテーマにやってまして、
製図は、やってもらうことなく、進めてきました。

キルティングラインを入れてもらうときや、バイヤステープのときぐらいだけ、
パッチワーク用の定規を使用しています。

今回、「定規の使い方」を身に着けたいとリクエストがでましたので、
布に練習してもらうより、やっぱり紙に書いてもらうことからはじめることに。
次回から、10分か、15分ほど、練習してもらうことになりました。

さりげなーく、「製図もやってみますか?簡単に短い時間にして毎週どうです?」
と言ってみたら、これまで、「製図は、苦手だからやめときます・・・」と言われてましたが、
今日は、「やってみようかな!」と前向きな反応。

はてさて、生徒さんに話をふってはみたものの、
私自身は、むかーしむかーし、線を引くことについては、スパルタ訓練を受けたので、
厳しく身に着けるという方法は分かるのですが、
わかりやすく、楽しくとは、いかに?

次回の教室は5月に入ってからなので、2週間ゆっくり考えます
やっぱり、パターンを書いてもらったり、それに、キルティングラインを加える、
さらに、配色の色塗りなどをくわえようかな・・・なんて。
いっそのこと、それをサンプラーキルトにしたりして。
何か、楽しめることにします!
by tomomarimoquilt | 2011-04-22 16:53 | Comments(0)
<< いくつになっても苦手は苦手。 ファンのポーチ >>