カテゴリ:本の作品( 12 )

2WAYゆかた完成とシュシュ

ゆかたを縫ってましたが、最終段階にきて、
どうしても、着てもらわないと、寸法がわからない・・・。
車をすっ飛ばして、妹の家まで行くことにしました。

ちゃんと、印をつけて、もどってきて、
最後、サンドレスのすそ上げをするところで・・・やってしまってた。
印をアイロンで消えるペンで書いていたのに、
すそ上げの前に丁寧にアイロンをかけてしまったのです。

はあ~~~~っ(自分にため息)

幸い、肩から裾までの寸法のメモ(以前妹に聞いていた)、
着てもらったとき記憶をあわせて、まずまずの位置ですそ上げをしました。
どうだろう???気持ち長いかな?
まあ、地面につくことはなかろう・・・苦笑

最近、メモしとかないと、ほんと忘れる忘れる。
メモしたものを忘れる・・・・意味ないやん・・・苦笑

ちょっと凹んだものの、
残り布で、シュシュを作る。

シュシュは初挑戦だったのですが、なんとか形になりました。

シュシュ用に、レースを買ってきたものの、
寸法が足りず、苦肉の策を練る・・・

e0235502_751929.jpg
e0235502_7512458.jpg
e0235502_7515024.jpg
e0235502_75261.jpg

[PR]
by tomomarimoquilt | 2014-06-19 08:04 | 本の作品 | Comments(0)

2WEYゆかた

先週ブログの記事を書いて、アップしようとしたら、
間違って、消してしまって・・・苦笑

宝塚の教室の日程が変わって、しばらく時間ができたので、
ちょっと違うことをしています。

型紙を購入して、2WEYゆかたを縫ってます。
ミシンなので、早い。
しかも、いつものパッチの仕立だと、生地が厚く、
縫うのに難儀してますが、
浴衣の生地だけだと、薄いので、楽チンです。

画像は、型紙と上衣のみ(袖なし状態)ですが、
もう、上衣は完成していて、下はサンドレスを作成中です。
子供用(110センチ)なので、すごく小さい感じがします。
e0235502_7501323.jpg



パッチワークは、ボルティモアのキルティングを復活しています。
5月はまるまるキルティングをお休みしてましたが、
6月に入って、また、ノルマ方式にもどし、
コツコツ進めています。
トラプントを入れるところのキルティング中。
これが終了すれば、あとは、格子と斜めのラインになるので、
ぐっとペースがあがるのですが・・・笑

ほかに、次のタペのデザインも始めました。
また、後日アップします。
[PR]
by tomomarimoquilt | 2014-06-16 08:02 | 本の作品 | Comments(0)

作り物はいいけど、本物は苦手

もうすぐ、梅雨ということで、
こちらを作ってみました。
e0235502_6444298.jpg


カエルです。

もう、すっかりお気に入りのこの本に掲載されています。
葉っぱは、材料がなかったので、ちょっと変えて作りました。

e0235502_6465719.jpg

e0235502_6472684.jpg


作っているとき、ぷっくりしてて、かわいい~と思いました。

そうだ!まだ今年は、ベランダに来てないわ!と安堵してましたが・・・・・

洗濯物を取り入れようと、窓を開けて、手を伸ばしたものの、
何かしら、妙な、気配を感じ、チラッと、物干し竿を支えるところを見て、
「ぎょえええええ~~~~~っ!」

実物が、座ってるじゃありませんかっ、いや~~~~ん、
私の顔に、めっちゃ近い、近い、近すぎる。あかん、これは、あかん。

すぐに、顔をひっこめ、窓を、そうろと閉めて、
遠い方の窓を開け、びくびくしながら、洗濯物を入れました。

一昨日の話ですが、昨日も1日、窓を開ける前から、キョロキョロ。
昨日は、見かけませんでした、一体どこにおるんや~(恐怖)

今日も出ませんように・・・苦笑
[PR]
by tomomarimoquilt | 2014-05-29 06:56 | 本の作品 | Comments(0)

まだまだです。

頼まれているバック、
12日には、葉っぱがついていました。
e0235502_815402.jpg


それから、キルティングに入ったのですが・・・・

ボルティモアのキルティング~、やっぱり、宝塚の教室のバック~
やっぱり・・・となんやかんやと手をつけてしまい、
上記のバックのキルティングもさほど進まず・・・
どれからやっていこう、並行して、すすめようか・・・迷っている状況です。


前回の記事のアップから、昨日まで、私にしては、外出続きでした。
画像がありませんが、少々書きます。

15日は、はなさんにお会いしました。
お宅にお邪魔させていただいたので、たくさん作品を手にとって見せてもらいました。
もう、感動の嵐です。
美しく、技術満載、テーマの構築と、ほお~~~~~っ、惚れる。
いつか、はなさんのような作品が作れたらな~と思い、やる気もでまして、
とてもよい時間をいただきました。

そのあと、妹の家に行き、泊めてもらって、
よく16日は、妹とお出かけしたり、姪っ子ちゃんと遊んだり。

17日は、定期的に活動してるお宅へ訪問。

19日は、大阪の槙尾山で、初心者のクライミング講習。
優しい先生、明るく心穏やかなメンバーさんに応援してもらい、チャレンジ。
やっと高所に慣れ、
岩に咲く花、市街地や海などの景色を見渡す気持ちになってきました。

22日には、京都大学の芦生研究林内の、ある谷に設置される、
鹿の進入を防ぐネットをあげる作業に参加させていただきました。
作業に慣れていない、体力がないなどで、
力になれたといよりは、体験をさせていただけた・・・ぐらいの
申し訳ない状態でしたが、貴重なことでした。

23日は、六甲山の保塁岩で、またまたクライミング講習。
疲れもでてきたか、しょっばなから、登るのに苦戦。
あきらめずに、登ったものの、時間をかけすぎたことを反省。
でも、先生たちは、気長に声をかけ続けてくださり、
他の参加者の方も暖かく、見守ってくださって、
本当にありがたかったです。

いろんなことがあった、1週間、
今日は、体力的には、かなりの疲れがでていて、上半身筋肉痛。
出合ったみなさんが、とても暖かく、優しい方ばかりで
たくさんのお心遣いをいただいたからでしょうか、
精神的な疲れが、全くない、という不思議な状態です。

クライミングの技術や、山登りの体力は、
今すぐ、身につかないけど、
この1週間で感じ取った、本当の意味での
「心配り」は、すぐにでも、見習いたいと思いました。
[PR]
by tomomarimoquilt | 2014-04-24 09:01 | 本の作品 | Comments(0)

バックです。

金曜日にブログをアップしようとして記事を書いて、
画像を添付しようとしたら、できない・・・また後日にしようと、
今日になりました。

ボルティモアと教室の課題の合間でいいから~と
バックを作って欲しいと頼まれていて、それも作っています。

オリジナルを作るのは、デザイン、布集めも大変だから、
数冊の本を渡して、そこから、選んでいただきました。

こちらの本から、
e0235502_7504430.jpg


このバックを、ということで。
e0235502_7594644.jpg


「キルトルーム・くうにん」さんと記載されていたので、
HPでキットを確認すると、ありがたいことに、キットがあったので、
早速注文しました。

わんこちゃんが、かわいいです。
バックの口、うまくパイピングできるかな~、
キチンとカットしないと、具合悪いな~と心配しつつ、
少しずつ慎重に進めています。
e0235502_844423.jpg


今日からは、たくさんの葉っぱ、77枚をアップリケしていきます。
e0235502_853233.jpg



ボルティモアは、最後のパターンのキルティングをやっています。
教室で、迷っていたところのキルトラインも、最終的に決定したので、
今後は、ラティス、ボーダーのキルティングに入ります。
ここからは、アップリケもピースワークもないところなので、
グシグシ刺していけそうで、すごく楽しみです。

ボルティモアの、カゴや、花の落しキルトは、1針1針
刺して、抜いてと、なかなか大変でした。苦笑
[PR]
by tomomarimoquilt | 2014-04-07 08:16 | 本の作品 | Comments(2)

こいのぼり、ちょこっとつけくわえて。

こいのぼり、「テグス」を使うことにしました。
テグスがまた、画像では、わかりにくいなあ~と思い、
絵心のない、ちょっと笑えるイラストでご説明したいとおもいます~

まずは、参考にした「布で作る 季節のタペストリーと飾り物」(パッチワーク通信社)
の「こいのぼり」です。ひれがついていて、置いて飾るものになってます。

e0235502_9284624.jpg


そして、イラスト。笑
e0235502_930346.jpg


赤い線が「テグス」です。
矢車の中に玉止めして、ぶら下げてます。
棒の際まで、矢車はしっかり巻きかがりしています。
また、矢車の中に入ってる棒の先端は、輪ゴムをぐるぐる巻きにして、滑り止めに。
ぶらさげても、棒がすっぽ抜けにくくなってます。

こいのぼりは、二本でつってます。

前回のブログでは、こいのぼりが浮いてる感じがしたので、
口のところに、紙紐を縫い付けて、棒に通すことにしました。

これで、ちょっとは落ち着いたかな・・・と思ってます。

e0235502_9362828.jpg

[PR]
by tomomarimoquilt | 2014-03-13 09:41 | 本の作品 | Comments(2)

こいのぼり完成?

引き続き、こいのぼりです。

それぞれのパーツを、中表にあわせ、キルト綿も挟んで、ぐるっと縫って、
ひっくり返しました。キルティングを入れたところもあります。

e0235502_8321123.jpg


目の部分と胴体を巻きかがりでくっつけて、
尾っぽを縫い付けてから、背中をおって中表にして、また巻きかがり。
表にひっくり返して、中に綿をつめて、
口の部分を丸型のもので、ふたをするように巻きかがり。

ちょっと、エビフライみたいですが・・・
「こいのぼり」です。笑

棒?は、100均で購入の、菜ばし、紙ひもで作りました。
菜ばしに紙ひもをぐるぐる巻きつけて、上部に丸型のオレンジに差込ました。
丸型のオレンジは、型紙が入っていて、
2枚をまきかがって、はしが入るところだけ、開いてます。

こいのぼり本体に透明の糸を縫い付けてぶら下げるか、
それとも待ち針で、差し止めるか、
どうにか、固定して、飾る方法を考えてる最中です。

e0235502_8382521.jpg


ここのところ、欲張りすぎたのか、
人差し指が少々痛いです。
ボルティモアのキルティングで、分厚いところが多いので、
力がかかっているのでしょう。
ちょっとペースを落としたほうがいいようです・・・苦笑
[PR]
by tomomarimoquilt | 2014-03-10 08:48 | 本の作品 | Comments(5)

こいのぼりの続き

ボルティモアのキルティングをチクチクやってて、
なかなか他の作品に手が伸びないので、進むのが遅いです。
こいのぼりの続きはこんな感じです。

120個のヘキサゴンをつないで入る途中です。
ピンクの型紙が取れる大きさにします。

最初に6個づつ、つないじゃったもんだから、
歪な形になってます。無駄が多いわ・・・苦笑

赤は全部つながってます。
今、青をつないでる途中です。
あと少しです。

e0235502_8293838.jpg


先週の土曜日に宝塚の教室にいったので、
教室の課題もまた新しいのがでてます。
こちらも楽しそうな作品なので、作りたいのですが、
頼まれもののバックも作ることになって、
時間が足りない・・・。

なのに、また家の中の整理整頓もしたい、
普段やらないところの汚れも気になる、
空気の悪い日は、外に出たくない(喉が痛くなって困ります)
ますます、家に閉じこもりそうな。苦笑
[PR]
by tomomarimoquilt | 2014-03-07 08:40 | 本の作品 | Comments(2)

飾り物の続き

ボルティモアは、もちろん続けつつ、
ちょこちょこ飾り物も続けています。

e0235502_8314779.jpg

顔の部分のピースワークと尾ひれを作りました。
尾ひれは、中表にあわせ、キルト綿も一緒にグルッと縫って、
ひっくりかえしてから、キラキラの糸でキルティングしてます。

e0235502_8375196.jpg

顔に目をつけました。ちょっとギョロっとしてますね・・・
胴体は、ヘキサゴンで作ります。

こいのぼりを作ってます~
まだしばらく、ヘキサゴン作りがあります。
まだ続きはアップします~
[PR]
by tomomarimoquilt | 2014-02-26 08:47 | 本の作品 | Comments(0)

時間配分が今ひとつ

時間だけが早くすぎて、
予定していたものは、終わっていない。
うっかり忘れていたりもする・・・
自分の感覚と、ズレがあるようななんというか。

今日は月1回の不燃ごみの日。無事に出したものの、
先月は出し忘れ、11月も忘れてた。
この前の水曜日は、ついに、可燃ごみも出し忘れる・・・苦笑

パッチは、宝塚の教室の課題が終了して、ほっとしたものの、
ボルティモアのキルティングの多さに、終わるんだろうか???と不安になりつつ、
でも、コツコツやるしかない!投げ出さない!と
1日1パターンから、もう半パターン進むほど、手が慣れてきました。

そこで、飾り物にも手を伸ばすことにしました。

結局自分でデザインを考えるのは、あきらめて、
またまた、「季節のタペストリーと飾り物」の本を手にとりました。

図案を拡大して、ラインを変えて、
仕立を変えて、飾り方も変えて、違うアイテムも加えるとして・・・
なんとか形になりそうになったので、

型紙を作って、
布を選んで、
e0235502_921187.jpg


パーツを少しずつ作り始めました。
e0235502_9225093.jpg

3月の中ごろまでには完成させたいな~と思ってます。
[PR]
by tomomarimoquilt | 2014-02-21 09:43 | 本の作品 | Comments(0)