カテゴリ:山歩き 勉強編( 10 )

クライミングの講習

京都大原の金毘羅山へ
クライミングの講習に行きました。

e0235502_13065945.jpg

トップロープで登ったり、


e0235502_13070007.jpg

懸垂下降したり、


e0235502_13070195.jpg

ヒカゲツツジが満開だったり、


e0235502_13070134.jpg

岩の上からの景色が良かったり。

ガイドさんから、しっかりと
ロープの支点構築について学びました。

また、トップロープでのクライミングに
通いたいと思います!



[PR]
by tomomarimoquilt | 2017-04-22 12:59 | 山歩き 勉強編 | Comments(0)

元旦里山歩き

昨日も市内の里山へ
e0235502_07371769.jpg

曇りだから、少し暗いです。

e0235502_07371802.jpg

海までよく見えます。

今年の目標は、
神経質にならず、おおらかに、
自分の本心に基づいて行動する。です。

あとは、もう少し食べる。(笑)

ブログもぼちぼちで更新しまーす。
今年も皆さま、よろしくお願いします。
[PR]
by tomomarimoquilt | 2017-01-02 07:28 | 山歩き 勉強編 | Comments(0)

ブナと山々

山形県へお出かけ。
良い天気、暑さも感じつつ。汗。

月山の自然博物園。
ガイドさんに説明を聞きながら、
ブナ林を、散策。
ここ20年ぐらいは見たことないぐらい、
残雪が少ないそうです。
例年なら、雪の上を歩くらしいです。

e0235502_06240939.jpg

緑のトンネル。気持ちよかったです。

自然博物園近くの散策にて。
e0235502_06241040.jpg

水も豊かです。マイナスイオンたっぷり⁈

また違う場所に移動して、
e0235502_06241095.jpg


遊歩道を20分ぐらいのぼると、展望台。
e0235502_06241116.jpg

e0235502_06241119.jpg

月山
e0235502_06241153.jpg

大朝日岳等
ぐるっと360度見渡せます。

昼は、山菜そば、帰りに日帰り温泉。
山形県も、いい山々がたくさんです!




[PR]
by tomomarimoquilt | 2016-05-29 06:05 | 山歩き 勉強編 | Comments(0)

初心者のための岩登り講習

日曜日に、京都大原の金毘羅山で、
岩登り講習に参加してきました。

今回で、3回目。他の参加者の中には、顔なじみの方もおられ、
楽しい雰囲気の中、クライミングしてきました。

小雨が降ったり、ガスったり、ムシムシしていたりで、
天候には恵まれず、岩場も濡れていて、ぬめぬめ滑りやすく、
本当ならそんなに難しくないコースらしいですが、
ちょっと登りにくかったです。

e0235502_962119.jpg


でも、山中で突然の天候悪化、岩場を上り下りしないといけなくなったとき、
岩場がどんなことになるのかが、良く分かり、勉強になりました。

いつも練習している岩場ではなく、違う岩場での講習だったので、
これから、また遊べる場所が増えて、うれしい限りです。

また、今回、メンバーさんから、
体力アップのためのアドバイスをいろいろ教えてもらったので、
それを実行していきたいと思います。

「貧血」の可能性があるんじゃないか?ということで、
ちゃんと検査を受けて、数値を確認して、対策をねろうと思います。

貧血でなかったら、どんどん運動して心肺機能をあげればいいけど、
貧血だったら、そんなことしちゃ~、えらいこっちゃですもんね。苦笑
[PR]
by tomomarimoquilt | 2014-11-04 09:33 | 山歩き 勉強編 | Comments(0)

登山靴で岩登り

先週の土曜日は、京都の金毘羅山の岩場で、
山岳ガイドさんによる講習を受けてきました。

これまでも、岩場の講習は何度か受けましたが、
クライミングシューズをはいて、ロープで確保してもらい、
空身で登るものでした。
高さに慣れる、岩場に慣れることが目的でした。

今回は、これまでの場所より難易度の低い岩場で、
登山靴をはいて、場所によってはロープなし、
重いリュックを背負ったままで、上り下りを繰り返す。

とても丁寧で分かりやすい説明、ガイドさんのお手本、
そして、実際にやってみて、そのあとに、ガイドさんからのアドバイス。
アドバイスの後、数回繰り返す。

おかげで、これまでとの違いを痛感。
見聞きしていたことを体感でき、
とても頭がスッキリした講習でした。

このような岩を上り下りしました。
e0235502_84911.jpg


眼下には大原 向こうの高い山は比叡山
e0235502_8495163.jpg


講習では、ロープの扱い方、そのほか道具の使い方もたくさん教えていただきました。
また、金毘羅山を楽しみながら、復習もできるルートなども伝授。
有り難い講習でした。


山に関する講習、パッチの講習、ボランティア関係の講習など、
もうこれまで、いろんな講習に出てますが(講習好きなもんで・・・)、
後でモヤっとならず、
今後の方向性が見えてくるというような、講習はなかなかありません。
もちろん、どの講習も勉強になって、収穫はあります。

上手くいえませんが、
自分も、こんな風に人に何かを伝えられればいいのにな~と思いました。
きっと今回のガイドさん、これまでに積み重ねてこられたものがすごいんだと思います。
ただ積み重ねただけでなく、いろんな努力の上に成り立ったものだな~と。

年齢だけ見れば、ほぼ同い年なのに、
私が小学生だとしたら、山岳ガイドさんは、昭和の超・ベテラン先生の風格。
まあ、私も、超・昭和ですが、何か?笑

いやいや、本当に、勉強になりました。
これからも、ガイドさんからの教えの通り、
復習もして、自分のものにしていきたいと思いました。
[PR]
by tomomarimoquilt | 2014-06-17 09:16 | 山歩き 勉強編 | Comments(0)

利用講習会

昨日は、大津市比良げんき村にいってきました。
ここには、人工登はん壁があります。
クライミングの練習に、利用することができれば・・・と思って、
参加してきました。

午前は、施設の説明と、クライミングの基本などを教えていただき、
ロープの設置に行くわけですが、
なんと、高さ15メートル・幅50センチぐらいのところで、作業するのです。

私は、高いところが得意では、ありませんので、
15メートルのところに足を踏み入れただけで、テンパってしまいます。

「説明だけでは、おわりませんよ~、はい、やってみて!」の一言で、
げげげ~~~~っ!やるの?この柵を越えて、そっちにいくわけ???
命綱のようなもので、安全確保してるものの、不安で一杯。
(下の写真の、上の方のバルコニーみたいなところの柵をのりこえて、
壁の上部に立ちます)


柵から手を離せず、片手で作業すると、先生の、
「手を、離して!両手でやって!顔をもっと出して、下をのぞいて~」
(確かに、そうしないと、作業効率が悪いんです、後でよく分かりました)
の声賭けがあるなか、他の方より、時間も相当使ってしまいました・・・・
やっとのことで、作業を終了でき、ホッとしましたが、
数分は、足がガクガクしてました・・・

午後からは、クライミング体験ということで、
先生についてもらいながら、登ったりおろしてもらったり
ここからは、とても楽しかったです。笑

壁が動くので、斜度が変わります。
最初は、向こう側に倒れての体験。
そして、垂直、最後に、手前に倒れている状態で体験。
いやいや、なかなかうまく登れません。
15メートル登るのが、やっとです。息もキレギレ。

手前に壁が倒れてる状態で、登って
ロープで釣られると、ぶら~~~んぶら~~んの宙つりというのも体験。
「琵琶湖がよくみえるでしょ~~~」と先生。
おもわす、「うわ~~~~っ」(悲鳴に近い)と声を出す始末。

高さに慣れないと、今後絶壁の登山道を歩くのにも難儀するし、
いろんな山に行くための体験とおもって、
参加しましたが、高いところはやっぱり、怖いです・・・


e0235502_840427.jpg


右側の壁を利用して、講習を受けました。


e0235502_8422975.jpg


比良げんき村も、桜が満開で、
桜の合間から、琵琶湖が見えたりして、景色もよかったです。
[PR]
by tomomarimoquilt | 2014-04-14 08:56 | 山歩き 勉強編 | Comments(0)

お気に入りの森

「森」に行ってきました。
登山道を歩く山歩きとは違って、森の中にいるのを楽しむ感じの山歩きです。

昨日は、ガイドさんの案内でした。
登山道や、踏み跡の全くないところを、進みます。
斜面だったり、谷だったり、えっ?そこいくの?みたいなところも。

あ~、めっちゃ楽しいっ、子供のころ、こんな毎日をすごしたかったな~っ!
って思いました・・・笑
ただ、何回かは、探検のようなことをしましたが、毎日ではありません・・・

今回歩いたところを、もう一度自分達でいってみるのは、不可能です、遭難しちゃいます。
ガイドさんのとっておきの場所だそうですが、
本当に、これまでみたことがないぐらい、ほっほ~っすごいな、ここ・・・

画像では、なかなかそのいいところのすべてを表現できませんが、
とにかく、緑がいい感じです。

e0235502_846416.jpg
e0235502_8471360.jpg


今回、山のこと、草木のことなど、いろいろガイドさんに教えてもらったのですが、
1つ、ハッとしたことがありました。

「あの山とあの山に登りたい」という話をしたときに、
「せっかく行くなら、この山の方だけを、時間をかけて登った方がいい、
見所がたくさんあるのに、時間に追われ、二つ登ることだけではもったいない・・・」と。

なるほど~~~~っ。確かに、2つ登ったという達成感はあって、充実感もあるでしょう、
だけど、せっかく遠出して登るんなら、いいものを見ることが出来るのに素通りじゃ味気ないわ~
たしかに、もったいない・・・みるなら~「今でしょ!!!」て?

で、これを私の日常の行動パターンに置き換えてみると、
まあ、なんと、「こなすこと中心」な毎日なんだろう・・・苦笑
確かに、達成感と、充実感は、ありますよ、今日も頑張ったわ!って。
そして、それなりに楽しんでる感じもしてました・・・
けど、なんか、こなすってことに偏ってる???ってな気がしてきました。

私らの山歩きも、まず、山に出かける、登る、降りる、達成感!!!こなした~
っていうのが多かったような。それも楽しいし、悪くはないと思いますが、
それに、もうちょっと山とか、森を楽しむことを加えたからって、
そんなに時間と労力がかかるわけでもないし・・・

ああ~ああ、あんまり考えすぎるとまた、毛が抜けちゃいますよ~~~っ
育ちますよ~10円が、500円になるよ~~~っ笑

でも、やっぱり、こなし続ける人生は、どうなんだろう?
(え~っ人生まで考えんでもええやん~苦笑)
もうちょっと楽しみを入れたほうがいい?
えっ?あっっそうだわ、これって、パッチのデザインで言うところの、
「遊び心を加える」ということと共通してる?

というようなところまで、刺激された山歩きでした。笑
[PR]
by tomomarimoquilt | 2013-06-17 09:15 | 山歩き 勉強編 | Comments(2)

赤坂山にいってきました

日曜日に、高島トレイルクラブさんの登山学校に行ってきました。

第1回目は、天候が悪く中止になり、
第2回目は、私が高熱だして、体調不良で欠席、

今回の第3回目こそ、なんとか参加したい。
暑ささえ、なんとか対応できれば、なんとかなるかなあ~、でも不安やわ~
と思っていたら、
女性ならではの・・・!トイレ、大丈夫かしら・・・やや不安。

あ~だこ~だとぶつぶつとネガティブな考えがめぐり、
当日の集合1時間前までいまひとつ・・・

だけど、参加者が私ら夫婦をふくめ、5人と聞いて、ほっと安心。
それに、天気も、曇りで、風も吹いてる、
集合後、どうやら、考えていたよりも歩行距離が短いと分かる。

そしたら、めっちゃ楽しくなってきた~。笑


黒河峠登山口から、出発、赤坂山・栗柄峠からマキノ高原に下りるコース
9時半スタートの、2時半すぎには、事務所前にもどってきました。

道中で、地図読み、コンパスの使い方、登り降りのコツ、ペースの作り方、
よく使う筋肉の鍛え方などを教えていただきました。

地図読みでは、コンパスを使いこなしたいっ!という気持ちが強かったのですが、
それよりも、地図で得られる情報を、現地で確認しながら行動。
自分がいる場所を、地図でチェックすることが大事とのこと。

2万5000分の1の地図と、現地、それを一致できる感覚を養う。
なんとか、身に付けたいと改めて思いました。

いろんな本や雑誌を買ったり、ブログで検索したり、
いろいろ山歩きのための知識みたいなものを読んで実践してるつもりでも、
やはり山を登りながら、教えていただけるというのは、
頭に入る度合いが、違うな~と思いました。

特に登り降りについて、何か、コツがつかめた感じがしました。


赤坂山の今回のコース、いろんな景色が楽しめて、面白かったです~
また行って見たいと思いました。

かすんでいて、遠くの景色はわかりづらいのですが、
こちらは、「明王の禿(はげ)」という場所から琵琶湖方面です。
柵の向こうは崖です。

e0235502_822332.jpg

[PR]
by tomomarimoquilt | 2013-06-10 08:32 | 山歩き 勉強編 | Comments(0)

御在所岳にいってきました~

土曜日に、御在所岳へ。
今回は、モンベルさんの安全技術講習会スリング編に参加です。

体力の5段階表記で、「体力3」となっていて、
帰りがロープウェイなのに???
体力1の地図読み講習、体力2の地図読み実践編でも、
私には、十分しんどいのに、体力3って・・・ついていけるんか?不安

「スリング」は、前回は鶴見緑地での講習で習いましたが、
あらためて聞いてみると、さらによく分かりました。

今回もそうですが、自分が誰かを救助するための技術というよりは、
スリングやカラビナを使って、自分が救助される側としての知識だったり、
あと、仲間を助けるためのパーツとしての使い方を学びました。

備えあれば憂いなし・・・知識は、いくらあってもいいのですが、
ただ、装備については、やりすぎると、重くなりすぎて、身動き取れないことに・・・・。苦笑


御在所岳の中道、登りはやっぱり、私にはなかなかキツかったです。
山歩きというより、登山でした。
なだらか~に散歩なんてことはなく、
石、石、木、石、石と手をついて登っていきました。汗
どんどん高度が上がっていくので、眼下の景色はとっても綺麗でした。

が、しかし、
登るのと、スタッフさんのを話を聞くので精一杯、写真数枚しかとってないです。笑

スタッフのみなさんは、とても親切です。
ふりかえりふりかえり、様子を見てもらっていて、
時には、手を貸していただいたり、ストックも持っていただいたり、
なんとも至れり尽くせりで、あ~すごいな~って思います。
そういう姿は、いつも勉強になります。すばらしいです!!!

で、少ないながらも、画像です。
昼食をとったところから、山頂を見上げたところ。
白い鉄塔のところを、ロープウェイが通っています。

e0235502_7472671.jpg


左手に、鎌ヶ岳。御在所岳から縦走できます。
いつか、チャレンジしてみたいです。

e0235502_748116.jpg


そして、御在所岳の画像で多いここ、
おっこちそうで、おっこちないです。笑

e0235502_7483869.jpg


今回は、スリングの携帯の仕方も教わりました。
これ以外に、自転車のゴム(使ってる人最近います?私は使ってますが・・・笑)
が売っているときのグルグルまいた状態のやりかたも教わりました。
そのほかにもありましたが、
1番気にいったのがこれです。

e0235502_7495242.jpg


御在所岳、
次回いくならば、さらに景色と登りを満喫したいと思います。
といっても、途中、怖いな~と思うところが2箇所・・・

あそこさえ、頑張ればです・・・笑(誰かに足元みていてほしいです)
[PR]
by tomomarimoquilt | 2013-04-22 07:28 | 山歩き 勉強編 | Comments(0)

鶴見緑地にて

日曜日、モンベルさん主催の
「山歩き講習会<安心登山技術編>花博記念公園鶴見緑地halfday
に参加してきました。

いつも気楽に山歩きをしていますが、
近所の低山であっても、「一歩」間違えれば遭難の危険があります。
たとえ、遭難したとしても、
ちょっとした気構え、知恵、工夫を実行できる技術があれば、
最小限に抑えることが出来るとともに、
知っているが故、普段の行動において、慎重になれるであろうということもあり、
こういった講習会に積極的に参加しようと思っています。

今回は、半日、しかも鶴見緑地という平坦な公園での講座ということで、
緊張することもなく、体力的にもやさしい講座でした。
初めて手にする、カラビナ(上の金属)とスリング(下のひも)・・・
e0235502_734697.jpg


一体何にどうやって使うわけ???と思いつつ、購入し持参しました。
使い方に関しては、丸1日やっても尽きないぐらいあるそうですが、
昨日は、まずは、ここからというものを教えていただきました。

リュックの中身の話、ロープの話、ツェルト(非常時のテントのようなもの)の話などなど、
へ~っなるほどな~と思うことがたくさんありました。

普段も山歩きの番組をみて、そのガイドさんの服装、装備、話に注目してますが、
講座に参加することで、もっと分かりやすくなるというか、実感できるというか。


昨日は、高速道路で移動中、吹田の万博公園の桜が満開やな~と思っていたら、
鶴見緑地の桜も満開で、お花見の人がたくさんでした。
公園なのに、講座を受けてる私たちグループだけが、
「どこに山があるのでしょうか???」みたいな大そうな格好でした。笑

曇り空でしたが、桜は、「もっこもこ」な感じの満開でした。
e0235502_7483181.jpg
e0235502_7484775.jpg

[PR]
by tomomarimoquilt | 2013-04-01 07:52 | 山歩き 勉強編 | Comments(0)