「ほっ」と。キャンペーン
<< ちっちゃいポーチ(カメラ用) 京都に大阪 >>

ハウスのアウトポケットのバック・完成

バック、完成しました。

e0235502_749255.jpg

e0235502_7494595.jpg

片面接着芯の使用した方法、内袋のバックの仕立て、
持ち手の作り方、一個一個ゆっくり考えながら作りました。

へ~っこういうことかあ・・・の連続で楽しかったです。
いつもは、ふつうのキルト芯で、裏布ごとキルティングして、
仕立てた後、その裏布の端っこで、切れ端を包み込んで始末したり、
持ち手も、中表で縫っておいて、ひっくり返す方法です。
このひっくり返す作業が、なかなかの作業で・・・。

もっと、柔らかい感じで仕上がるのかとおもっていたら、
案外、かっちり仕上がりました。

バック本体の布、バイヤスにとってますが、
大作のバイヤステープをとった残り布でした。
ぱっと見た感じでは、普通にとれるわ~とおもってて、
実際作業に入ったら、え~っ、とれへんやん~
とマンスリーキルトのボーダーの二の舞。
もう少し、目分量でもピンっとわかるようにならないと・・・・
(って、ちゃんと用尺するようにしなさいっ!て話ですが・苦笑)
細かいところもありますが、へっ?そこはそんなざっくりなわけ?なところもあります。
血液型を出すのもなんですが、AB型っぽい困ったところです。笑

話が脱線しましたが、バイヤスにとるにしても、もうちょっと柄をずらしたかったです。
といっても、その余裕はなかったわけですが・・・

あと底と本体をミシンでやったので、ちょっと歪んでます。
それに、内袋、ちゃんと寸法合わせて、小さくしてぴったりさせればよかった。
などなど反省点はたくさんみられます。

満足いくようやり直そうかとおもったけども、
失敗をあえて見てもらえる見本にしておけば、
「あ~あの見本で失敗してたところだ、私は失敗しないように・・・」と
生徒さんに思ってもらえるかも~
と都合のいい妄想をして、言い訳して、そのままにしておくことにします。笑

バック全体で濃い茶で、渋めですが、ハウスで使っている布は、
楽しい布を多く使っていて、カントリー風になっているところが、
とっても気に入っています。
[PR]
by tomomarimoquilt | 2012-11-19 07:56 | 本科 | Comments(2)
Commented by hana-patch at 2012-11-20 23:46
完成おめでとう~♪
最初こちらに飛んできた時、持ち手とバッグ上部しか見えなくて、
おぉ~~、ともまりもさんカラーだっ!と(^.^)。
クリクリ下に行ったら、可愛いハウスが~(*^_^*)

ベース布はバイアスなのですね!オシャレ~~。
とてもキレイだと思いますが~、もう少し柄をずらしたかったのですか??

バッグの仕立ても、苦戦する時ありますよね…。
特に丸底をつけるのは、あまり好きではないかも~(苦笑)。

反省…??とても美しい仕上がりに見えますが~。
ともまりもさんだからこそ、気になるのでは??
Commented by tomomarimoquilt at 2012-11-21 07:28
ありがとうございます~
ハウス、いつもの私より、可愛いでしょ~
布が可愛いのです。うふふふ。

画像だと、美しい仕上がり風になっています。
よかった~笑

細かいところを覗き込むと、あれ~っ?あれあれ?
ってなってます。笑

バイヤスの模様は、もうちょっと右か左にずらす感じです。
中央に中央っぽい柄がこない感じにしたかったなあ・・・と
どっちかの面を中央にすると、
違うほうが、中央にならないから~というへんなこだわりです。
あの、端っこが端っこに来ないのは・・・と同じような。苦笑

ミシンでの仕立は、なかなかコツがつかめないし、
かといって、手縫いでは、心もとないというか・・・
丸い底は、薄手でも、満足いく出来にはなりません~
<< ちっちゃいポーチ(カメラ用) 京都に大阪 >>